1112円 Fourth World, Vol. 1: Possible Musics ミュージック ダンス・エレクトロニカ アンビエント 1112円 Fourth World, Vol. 1: Possible Musics ミュージック ダンス・エレクトロニカ アンビエント 1:,Vol.,/Melilotus1473164.html,digitalwizards.in,World,,ミュージック , ダンス・エレクトロニカ , アンビエント,Fourth,1112円,Musics,Possible 春の新作 Fourth World Vol. Musics Possible 1: 1:,Vol.,/Melilotus1473164.html,digitalwizards.in,World,,ミュージック , ダンス・エレクトロニカ , アンビエント,Fourth,1112円,Musics,Possible 春の新作 Fourth World Vol. Musics Possible 1:

春の新作 2020モデル Fourth World Vol. Musics Possible 1:

Fourth World, Vol. 1: Possible Musics

1112円

Fourth World, Vol. 1: Possible Musics

商品の説明

Amazonレビュー

The term "Fourth World" has often been used to describe various ethno-electronic compositions. Joining trumpeter Jon Hassell in different combinations on Possible Musics are coproducer and synthesist Brian Eno and percussionists Nana Vasconcelos and Ayibe Dieng, among others. Hassell has found a unique way to summon a lush, otherworldly sound from his trumpet, applying the Indian vocal techniques he learned from Pandit Pran Nath to the way he plays his instrument. On Possible Musics, he mixes his ethereal brass sounds with hand percussion, bass, analog synths, Eno's trademark studio treatments, and the occasional looped trumpet or keyboard riff. The hypnotic fusion of Indian and African aesthetics creates a dreamy brand of otherworldly world music that, despite the electronic influences swirling around it, maintains a strongly organic feel. This classic recording predated all of the ethnoambient music that proliferated throughout the last decade, but unlike many of those efforts, it still retains a strong sense of identity. --Bryan Reesman

Fourth World, Vol. 1: Possible Musics

すっかりレア盤と化し、一体いつまで放置してるのかと歯噛みしていた第四世界シリーズの1枚目がめでたくリマスター、何はともあれ速攻で購入した次第。しかしなんでリニューアルにこんなに時間がかかったんだろう…契約的な事なのか他に何か理由があったのか…?今回の再発元はGritter Beatという海外マイナーレーベルから。内容を考え当時のアウトテイク的なボーナス曲がないのは仕方なし。スリーブは見開きダブルジャケット仕様で、ブックレットにはEnoの07年のコメントとJon Hassellが今回の再発のために語ったインタビューを収録。本作を大陸的な『On Land』と比較する向きもあるが、実際Enoはコラージュに惹かれ『My life in the bush of ghosts』の制作へ向かっていったとの発言。また本作からDavid Sylvian『Brilliant Trees』B面へと至るHassellの名演もこの時代ならではの豊かな音の収穫といえよう。「『My life in the bush of ghosts』はもともとEno/David Byrne/Hassellの3人名義で演るつもりだった」というHassellの話が面白い。リマスターされた音は心地良いのだが、誰がリマスタリングしたのかわからない。それとジャケット内面のミュージシャン・クレジットが淡い色味の文字のため全然読み取れない。文字・画像の見やすさ/美しさを求めるとGritter Beatの紙ジャケ制作クオリティは気合が足りず、この点にダメ出しは否めない。そして日本盤はサンビーニャというこれまた国内マイナー・レーベルからの発売だが、安価にするため(?)海外盤にただ帯が付いているだけのもの。せっかく待望の再発なのだから、リリース日が数日遅れてでも日本盤にはEnoとHassellの英文の訳なり解説があるべきだったのだが…残念だ。海外盤を買うか日本盤を買うかは、海外盤の値段の動き次第で安い方を選べば良い。ちなみに今回の本作再発にはCDの他にLP+CDエディションも出ているらしい。で、第四世界シリーズの次作『Dream theory in Malaya』のリマスター再発はあるのかないのか?
イーノ氏の音楽のファンであれば2004年のDSDリマスタリングは大よそ歓迎され、何らかの形でいくつかのアイテムを再購入されている筈。何より丁寧なリマスタリングの結果、どのアルバムにおいても「曖昧」で「迷彩」な音の羅列をより「ハッキリ」と堪能出来る様になっている。しかし、何故かこの「第四世界の鼓動」はいつまで経ってもDSD化されず、不満に思っているのが現状。また仮にDSD化されても輸入盤である場合、CCCDになる可能性も高く、是非国内盤化して欲しいものである。事実現在全てのイーノ氏再リリース国内盤はノンCCCDである。残念ながらハロルド・バッド氏との競作「the pearl」は傑作であるにも関わらず、未だDSD 化はされたものの国内盤化されていない。従ってCCCDであり、MDにすらコピー出来ない。無論、ディジタル・オーディオにもコピー出来ない。このような流れは作って欲しくない。象の咆哮のようなハッセル氏のトラムペットとシンセ・ループで作られテープ化された不穏な音源で、これを聞くと「高湿度」を感じる。純粋なアンビエント作品としてのサラウンド感は「エアポーツ」よりこちらの方が上か?何よりこの音の群れは、こちらが囲われるような錯覚に陥る。だからこそ早期ノンCCCD・DSDリマスタリング化を望む。このアルバムこそリマスターの価値が最もあると。
このアルバムが発売されていた当時中学生の私は、Brian Enoが気になっていた時期でしたので迷わず買いました。いそいそと自宅に持ち帰りレコードプレーヤーで鑑賞したのを憶えています。流れてくる音楽が妙にアップテンポでビートが効いていて、こんなもんかなと鑑賞し終わるとターンテーブルの回転をうっかり45rpmにしていたのでした。もちろん33rpmで聴き直しました。アンビエントシリーズ同様、当時の中学生には刺激の少ない音楽で黙って聴いていると眠気を催すだけでしたが、現在改めて聴くと、うるさくないしBGMにもちょうどよいと思います。No.2のDelta rain dream をはじめ、音もなく降る雨に煙るアフリカの大地をイメージします。呪術的です。
アメリカの現代音楽(ミニマリズム)畑のトランペット奏者、ジョン・ハッセルとブライアン・イーノの共同制作。ジョン・ハッセルの独特のむせび泣くようなハスキーな音色のトランペットと、コンガ、ガタム(南インドの壷型楽器)、手拍子等の民族音楽風のパーカッションにブライアン・イーノのシンセを加えた実験的な環境音楽。高温多湿の熱帯雨林のような音風景
ちょっとディープな生物の世界
やばい生き物
生物動画
もっと見る
もっと見る