超特価 恋愛~結婚~離婚 1573円 恋愛~結婚~離婚 ミュージック ソウル・RB RB 超特価 恋愛~結婚~離婚 恋愛~結婚~離婚,/brambly1473142.html,1573円,digitalwizards.in,ミュージック , ソウル・RB , RB 恋愛~結婚~離婚,/brambly1473142.html,1573円,digitalwizards.in,ミュージック , ソウル・RB , RB 1573円 恋愛~結婚~離婚 ミュージック ソウル・RB RB

超特価 定番スタイル 恋愛~結婚~離婚

恋愛~結婚~離婚

1573円

恋愛~結婚~離婚

商品の説明

Japanese CD pressing. 2014.

恋愛~結婚~離婚

ベイビーフェイスも生で聞いたときすごく親しみを持つ感じでした。握手をしたときの感触を思い出します。80年代90年代にスマッシュヒットした曲も青春時代よく聞いていたので、懐かしテイストを醸しながらも切ない曲が多くあり何度も聞き入ってます。また、私が大好きな歌手の1人、歌がバリうまいトニー・ブラクストンとの共演がすごく気にいってます。いろんな引き出しを持っているベイビーフェイスの作曲に、懐の深いトニー・ブラクストンの甘くて切ない声が乗っかって、英語が分からなくても人々が背負う苦しみ悲しみがよくわかる作品になってるなと私は感じます。その中で一筋の光を見出し追っかけているのかなと勝手に解釈しております。
曲も全体的にすごく好き。特にこのコンビは最高だと思います。また出して欲しいです。
素晴らしい歌声で多くのRamp;Bファンを魅了してきたトニ・ブラクストン。ただ,私生活では2度にわたる自己破産や胸の腫瘍での療養など厄続きで,ついに引退を決意するも・・・ベイビーフェイスの説得により思いとどまり,共作で発表されたのが本作です。この2人,92年のサントラ「Boomerang」(エディ・マーフィー主演の恋愛コメディ映画)で「Give U My Heart」(いかにもL.A.リード&ベイビーフェイスらしいメロウでソリッドなビートのアップテンポ)をデュエットしており,それ以来の共演となるんだとか。冒頭の「Roller Coaster」でグッと心をつかまれました。緩やかに流れる心地良いグルーヴ。愁いを帯びたメロディーと内省的で味わい深いヴォーカル。1人でゆっくり聴きたいナンバーですね。1st シングルは「傷つけるつもりはなかったのに」という邦題が冠された「Hurt You」。やるせない怒りにも似た深い哀しみに満ちたメロディー,情感あふれる2人のヴォーカル。押し寄せるようなコーラス。実に素晴らしいナンバーです。ただ,それ以上に素晴らしいのがトニのソロによる「I Wish」です。優しく包容力のあるピアノをバックに,一言ひとことを噛みしめるように,伸びやかに歌い上げるヴォーカルは心に響きます。引退などしなくて良かった・・・・そう思わせる秀作です。この他にも聴きどころは満載。バラードでは,そよ風のように優しく穏やかに流れる「Where Did We Go Wrong?」や「Take It Back」がイイですね。特に「Where Did We Go Wrong?」では,ファルセットで繊細に歌うベイビーフェイスに対して,トニはしっとりとしなやかに歌い上げ,そのコントラストが絶妙です。内省的ながらも深い愛に満ちた「One」も胸に染みます。テンポのある曲では,ポジティブで疾走感のある「Heart Attack」,春の陽光のようにブライトな「Let’s Do It」でしょうか。クールなメロディーを密やかに,そしてしなやかに歌い上げる「Sweat」は,レイトナイト向けのロマンティックなムードがたまりません。繊細で微妙に揺れ動く心の内を表情豊かに歌い上げた素晴らしいアルバム。お薦めです。
20年ぶりぐらいに買い求めました。何回聴いても飽きないくらい良いです!お店で探すとなると、取り寄せだったりして、諦めることが多いですが、こちらで煩わせられる事なく購入できるので、助かってます!又、お願いしたいです

PC向けウェブバージョンでラベル検索可能 リンクは最下部へ

9.26.2014

"定期"更新終了のお知らせ

いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。本日付けでLos Santos Customs Airportの店長であるJonny Tanakaが、辞令によりロスサントス市内の3店舗を統括するエリアマネージャーに就任することになりました。今まで毎日当ブログの記事を更新してきましたが、配置転換により毎日更新が困難な状況になる為、"定期"更新を終了させて頂きます。明日以降完全に記事の更新を停止するという訳ではなく、今後は"随時"更新で対応をしていこうと考えています。

9.25.2014

customer’s:エレジーRH8

アメリカのスポーツモデルの筆頭は今も昔もコルベットだと思いますが、日本で同じようなポジションにあるモデルと言えばやはり日産・スカイライン/GT-Rでしょう。日本でチューニングカーのベース車両として恐らく最も人気があり、現行のGT-RはホンダのNSX以来久しぶりに日本車でスーパーカーと言えるような雰囲気のあるモデルです。そんなGT-Rに憧れてエレジーRH8を選ぶカーフリークはかなり多いのではないでしょうか。

9.24.2014

trivial matter:Lost仕様

モーターサイクルギャング・The Lost専用といえばまず思い浮かぶのはデーモン。厳密には専用モデルではないのかもしれませんが、サンアンドレアス州で見かけるデーモンはどれもサドルにLostのエンブレムが刻印されています。もう一つの専用モデルはブリート。彼らはドラッグの密売等イリーガルな仕事を請け負うこともある為、輸送などに専用に改造されたブリートを使用しています。

9.23.2014

customized:ジェスター

ディンカのシリアスハイブリットスポーツモデル・ジェスター。ディンカ社はホンダ系のイメージが強いことやジェスターのシルエットがNSXコンセプトモデルに似ていることなどから、それを参考にカスタムするケースが多いのではないでしょうか。アフターパーツにも日本のSuper GT・GT500クラスに参戦しているNSXコンセプトGTをイメージさせるものが多く用意されています。

9.22.2014

Genuine Color:フォード的なSUV

フォードのSUVで最大のモデル・エクスペディションの現行型('07-)のような雰囲気を持つダンドリアリー・ランドストーカー。サンアンドレアス州で展開するメーカーでフォード的なイメージのあるブランドと言えばヴァピッドが筆頭ですが、ダンドリアリーにはフォードがかつて運営していたサブブランド、マーキュリー的なイメージがあったりします。

9.21.2014

customer’s:フト

JDM系ドリフター仕様のフトを送ってくれたのはKZMさん。以前当店のスタッフ連中でそれぞれのカスタムフトを持ち寄って撮影したことがありました。フトのベースになっているAE86は頭文字Dの影響から世界的にもカスタムベースとして人気があるモデルなので、様々な方向性のカスタムに対応し、人によってかなり個性の出るベースモデルです。