プライベート・アイズ,/disilicic1473351.html,513円,digitalwizards.in,ミュージック , ソウル・RB , クラシックソウル プライベート・アイズ,/disilicic1473351.html,513円,digitalwizards.in,ミュージック , ソウル・RB , クラシックソウル プライベート 限定品 アイズ プライベート 限定品 アイズ 513円 プライベート・アイズ ミュージック ソウル・RB クラシックソウル 513円 プライベート・アイズ ミュージック ソウル・RB クラシックソウル

プライベート 大幅値下げランキング 限定品 アイズ

プライベート・アイズ

513円

プライベート・アイズ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ダリル・ホールamp;ジョン・オーツの通算12枚目。アルバムからは「プライベート・アイズ」「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」「ディド・イット・イン・ア・ミニット」の大ヒット曲が生まれている。まさに、ホールamp;オーツが絶頂期を迎えた中でリリースされた代表作品。 (C)RS

プライベート・アイズ

 様々なプロデューサーを起用するなど試行錯誤を続けた’70年代から一転して,前作『モダン・ヴォイス』で4曲のシングル・ヒットを放ち,上昇気流に乗ったホール&オーツが前作発表から1年という短いインターバルで発表したのが本作。 冒頭の「Private Eyes」が大ヒットを記録し,アルバムも初のプラチナ・ディスクを獲得。彼らの代表作となった。その「Private Eyes」は,ギターとキーボードを主体としたシンプルながらキャッチーで小気味のいいサウンドと,何処となく飄々としてクールな雰囲気が漂うダリル・ホールのヴォーカルが魅力的なアップテンポ。言わずもがなの名曲である。 これに続くのは,夜のBGMに適したフュージョン感覚のメロウなアップテンポ「I Can't Go For That(No Can Do)」か。陽気で爽快なアメリカン・ロックの典型のようなアップテンポとして「Did It In A Minute」,「Head Above Water」,「Friday Let Me Down」という3曲の佳曲があるが,この中では「Head Above Water」が一歩抜きん出ている。また,ベン・E・キングなどの古き良きソウル・ミュージックを想起させる「Looking For A Good Sign」では,彼らのソウル・ミュージックへの傾倒ぶりをうかがわせる。 ついつい「Private Eyes」ばかりに気を取られてしまいがちだが,ホール&オーツをトップ・アーティストの座に押し上げる原動力になっただけのことはあり,内容的にも充実したアルバムである。
 実は、発表当時はそんなに聴き込んだ作品ではなかった。けど最近LPをMDにダビングしていて、内容の良さにビックリ。シングル以外の作品も質が高いのだ。①③⑤のトップ10ヒットに目を奪われていたが、⑥⑦他も充分キャッチーなメロディーラインを持っている。 音の傾向は「キッス・オン・マイ・リスト」と同様のライン。音の隙間の多い軽快なアレンジでボーカルが生かされている。(ダリルは非常に良い声質の持ち主だと思う。)ソウル風味は薄く、ギター、ピアノ中心のポップ・ロック色が強い。  オーツ作の2曲はメロディーも歌も悪くない。アルバムの中で良いアクセントになっている。 当時のアルバムチャートではストーンズ、ジャーニー、フォリナー、スティーヴィー・ニックス、Jガイルズバンドなど強豪揃い。売れてはいたけど、それほど目立たなかった。私もヒット曲目当てで本作を入手。でも買っててよかった(気付くのが遅すぎ)。  ①③だけではない、はっきりとアルバムとして名盤です。
80年代はホール&オーツはポップロックでは最高だと思います。ソウルとしては?です。
81年のアルバム。これまでの彼らは、フォーク・ロック路線からソウルへと、またアルバムでは個性の強いプロデューサーを渡り歩き、「変わった」デュオであった。この前作に当たる「Voices」からセルフプロデュースを始め、ポップン・ソウルと後に呼ばれるようになる彼らなりの新しいジャンルがもっとも手ごたえがあると感じていた。そこで華々しく登場したのがこのアルバム。タイトルチューンが数年前デジカメCMともなり、それを機会に彼らの音楽が見直された。1.は、当時の流行だったクラップサウンドを多用しつつ、隙のまったく無い曲作り。未だカバーもされず、編曲を変えることの多い彼らのコンサートでもまったく同じ形での演奏。完成度の高さでは80年代筆頭といってもよい1曲だ。2.は少し黒め、モータウンを髣髴とさせるソウルフルなナンバー。3.も大ヒットし、数年前カバーされたが、やはりこれも完成度の高いアレンジ。腰にくるビートとはこんなリズムであろう。4.はジョンが中心となった彼らしいアメリカンロック。5.はホール&オーツの歴史の中でも珍しい、はっきりとロックといってよいアレンジながら、ダリルのハイトーン・ヴォーカルがさえ、あくまでも明るくさわやか。彼らが最高セールスを記録するのは「マン・イーター」を含むH20であるのは間違いが無いところであろうが、私はこのアルバムをナンバー1に押したい。このアルバムにはありとあらゆる嗜好の人をひきつける力がある。デジタルリマスターされて音も鮮やか。ホール&オーツファンでなくても、ファンならなおのこと抑えたいアルバムだ

〜メンズファッションの着こなし方・コーデ方法・人気アイテムを発信!〜